深夜も営業中

ウィスキーのテイスティングノートの紹介ブログ。 一期一会な一本、一期一酒を求めて今日も・・・飲む!

2010.12.07【日記】

KBタムナヴーリンFinest & Rarest 1977(27年) 56.2%






Kingsbury
Finest & Rarest
Tamnavulin
(キングズバリー ファイネスト&レアネスト タムナヴーリン)
 
Aged 27 Years
Distilled: 1977
Bottled: 2005(?)
 
価格:13000~16000
オススメ度(8)
☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 
香り:やわらかいオーク香、バニラと合わせて少しアルコールのアタック、グレープフルーツの白い部分や、白桃の皮、華やかでしっかりとしたフルーツ感が立っている。
時間と共にオークや、ほのかなハーブを含んだ干草、乾いた麦のような香り、薄めの紅茶、そしてドライフルーツのような甘さが前に出てくる。
オフィシャル10年に感じた香りも一部あって、熟成させることでここまで来るのだという、ひとつの将来像をイメージさせる。
 
味:口当りからフルーツしっかり。レモン、青りんご、栗。オークとフルーツのフレーバーが広がる。
甘さがしっかりとあって、徐々にピリッとしたスパイスが出てくる。スパイスの刺激は炭酸に近く、実にバランスが良い。
余韻はビターな麦とフルーツの皮の印象、度数の割りに嫌味がなく、ついおかわりがしたくなる。
 
 

コメント:UPしていなかったモルト・・・すいません、サンプルいただいたのに・・・
ということで、Shin1977さんからいただきました、キングズバリーのタムナヴーリン1977です。
しっかりしたフルーツ感があって、マイナー蒸留所ながら口コミ等で人気となり、完売となったボトル。確かにこの味わいならば人気高騰も納得です。
Shinさんからは「旨いですよ!」とコメントいただいていましたが、いや、これはタムナヴーリンに対する先入観があればあるほど驚かされる味わい!
良いものをありがとうございました。
 
タムナヴーリンはオフィシャルの旧10年を飲んだことが・・・というか、ボトル1本持ってますが、
オフィシャルの方は「おっ?」と思うフルーツ感を塗りつぶすように、青さというか、若い原酒のネガを併せたような味わいで、ちょいとがっかり・・・
ところが、このキングズバリーの長期熟成モノを飲むと、オフィシャルに共通するフルーツ感があり、
なるほど、正しく成長すればこうなっていくんだね・・・と考えさせてくれる一杯に仕上がっています。
 
少し前のボトルになるので、購入は難しいでしょうが、
タムナヴーリンに対して苦手意識があるならば、探して飲んでみると幸せに慣れるかもしれません。
 
 
 
さて、実は昨日から1日2更新!と気合を入れたのは良いのですが、今日は帰宅後に24日に関わる件について調べ物をしていたので、
こんな時間に1記事をあげるだけになってしまいました・・・無念。
 
溜まったネタ、特に頂き物の部類については年内に記載を完了すべく、UPしていきますのでよろしくお願いいたします。


 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

くりりん

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

お酒のジャンルから探す

カテゴリから探す

タグ一覧