2020.08.02【日記】

リニューアル:アラン 2001-2017 21年 オフィシャル 46%

かなり良質なオフィシャルボトルでした。

 

アラン ISLE OF ARRAN 21yo OB 46%


香りはふくよかで多彩さがある。アプリコットジャムとデーツ、べっこう飴、チョコレート、淡くレザー。
飲むと滑らかで洗練されている。ワックスを伴う作りたての家具のウッディネス、甘みにはコクがあり、優しいタンニンも味を深める。

【Good/Very Good】


少し前にラベルもボトルもリニューアルされたオフィシャルのアランですが、これはその21年です。

シェリー樽のヴァッティングと思われる香味構成ですが、アランの中では熟成が長いタイプであり、濃縮フルーツやチョコレートに加えて淡いレザー感など深みと多彩さを帯びています。

タンニンの主張も穏やかで、アランらしいフルーティさを殺さずに上手に熟成感と深みを出しています。

比較的ライトで原酒の個性が控えめなため熟成感も出やすいアラン、熟成酒の魅力を感じられるという意味でもコスパの良い1本だと思います。

※この記事は、自粛前に飲んで書き溜めていたものです。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood9
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧