2020.01.20【日記】

ニューリリース:ロングロウ 21年 オフィシャル 2019年リリース 46%

ちょっと期待したのと違うタイプでした。

 

ロングロウ LONGROW 21yo OB 2019 RELEASE 46%


香りは力強くミーティ。かつおダシ、みりん、チョコレート、ドライアプリコットと潮風を伴う強めのスモーク。
飲むとプラムとチョコレートがけのドライオレンジ、肉とかつお節の併せダシ、旨味が濃く塩気も強い。こなれたニュアンスも伴うピート、スモーキーでダシっぽい余韻は長い。

【Good/Very Good】


ロングロウが最近リリースした、21年のオフィシャルボトルです。

スプリングバンクとは異なり、ロングロウは今までは18年までのリリースが続いており、私の知る中で唯一の21年が素晴らしかった2016年のスプリングバンクオープンデー向けのリリースでした。

そんなわけでプレーンな樽感で心地良く熟成したオープンデーの味を期待してしまったのですが、スプリングバンク蒸留所がわりとよく出してくるダシ醤油っぽさを伴うシェリー感を伴うタイプでした。

もちろんこの蒸留所らしい樽でロングロウらしい香味があり、ピートも少しこなれていて熟成感もあり、美味しいは美味しいのですが、勝手に期待値を高くしすぎてしまいました。

ロングロウはファンも多いですし、今回の香味はらしい方向性のひとつで世の中的には高評価なボトルのようですので、もちろんいまさら書くことでもないですが好みの問題です。

昔から時間経過で変化してくる蒸留所ですし、特にこの樽感ですから、時間が経ってからまた飲みたいと思います。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood8
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧