2019.10.29【日記】

ニューリリース:ラガヴーリン 19年 オフィシャル アイラフェス2019向け 53.8%

小粋でキュートなラガで美味でした。

 

ラガヴーリン LAGAVULIN 19yo OB FEIS ILE 2019 53.8%
Sherry-treated American Oak Casks



香りは強いスモークと海のニュアンスのあるピート、淡くシェリー感、少しこなれた柑橘、燻製の魚介。
飲むと刺激は強くなく少し染み込んでくるようなニュアンス、強いピートと淡いシェリー感、ほどよい甘味と塩気、厚みはラガとしてはほどほどだが、近寄りやすく美味しい。

【Good/Very Good】


今年のアイラフェス向けにボトリングされた、オフィシャルのラガヴーリン19年です。

カリラと同様にシェリートリーテッドカスクのヴァッティングのようですが、こちらはカリラよりもシェリー感が穏やかでした。

19年熟成で度数もそれなりにありますが、熟成感はあって少しこなれたテクスチャーだったのが印象的でした。

淡く乗ったシェリー感が全体に温かみを出しており、優しく小粋でキュートなラガという感じで、本格派でスケールの大きなアイラの巨人ではありませんが、そのぶん近寄りやすさが魅力的でした。


このボトルは、札幌の無路良さんでいただきました。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood7
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧