2019.10.11【日記】

グレンアルビン1969 20年 ダンイーダン #481-482 55%

滋味深くじっくり飲みたいモルトでした。

 

グレンアルビン GLENALBYN 1969-1989 20yo DUN EIDEANN #481-482 55%



香りは暖かく力強く広がる。こなれたアプリコットやプラムのジャム、奥から芯のあるモルティ。
飲むと滑らかな口当たりからピリッと胡椒のスパイシー、コク深い甘味、淡く草っぽいエグ味とオークのタンニン、うっすらとピートがあり滋味深さを残したモルティな旨味が心地良い。


【Very Good】


ダンイーダンが1989年にボトリングした、グレンアルビン1969、20年熟成です。
樽の供給元と思われるシグナトリーらしい、2樽ヴァッティングのカスクストレングスです。

同時期蒸留のオフィシャルボトルのような妖艶な陶酔感や派手さはありませんが、昔の原酒らしい滋味深いモルティな旨味とコクのある甘味が素敵でした。

素朴なモルトですが明らかな深みがあり、じっくりお付き合いしたいアルビンでした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧