ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.10.05【日記】

ミルバーン 1970 11年 サマローリ ネバーボトルドトップクオリティウイスキーシリーズ 46%

良いモルティさが魅力的でした。

 

ミルバーン MILLBURN 1970 11yo DUTHIE for SAMAROLI THE NEVER BOTTLED TOP QUALITY WHISKY SERIES 46%
one of 300 bottles



穏やかなオールド感。心地良い青リンゴ、強いがしっかりこなれたモルティ、わずかにムスク。
飲むと心地良いモルティ、すこしシードルのような優しい甘みと酸味、噛み応えのある旨味とスパイス、わずかにヒノキ、余韻は心地良い。

【Good/Very Good】


サマローリが1980年代あたまにボトリングした、ネバーボトルドトップクオリティウイスキーシリーズという46%加水のシリーズから、ミルバーン1970です。
短熟が多いリリースのイメージでしたが、これも11年の熟成です。

色の薄い短熟だけあって、樽熟成由来の要素は前面にでておらず、モルティな原酒由来の香味がメインです。

サマローリ氏が選んだ樽ですから何かしら非凡なるものがあったのかもしれませんが、ボトリング当初は割と単調な香味だったのではないかと思います。

今は、麦麦しい感じが穏やかになっており、若々しい刺激も少なく、旨味があって甘味と酸味のバランスの優れた清々しいモルトとして美味しくいただけました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood6
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧