ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.09.10【日記】

ミルトンダフ オフィシャル 13年 60年代流通 85°プルーフ

滋味深く太いスペイサイドモルトでした。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 13yo OB 85°PROOF
60年代流通



香りはノスタルジックで心地良いオールド感、滋味深く芯の強いモルティ、紅茶、土っぽさを伴う淡いオールドピート
飲むと意外なほどスパイシーで強い味。噛み応えがあり染み込むような旨味の濃いモルティ、淡く土っぽさ、余韻にも旨味があって長い。

【Very Good】


ミルトンダフ13年、60年代に流通したオフィシャルボトルと思われ、茶瓶のフルーフ表記です。
85プルーフということは約48.5%ということになり、オフィシャルの加水として現行と比べるとかなり高めですね。

その度数の高さも影響していると考えますが、状態はこのスペックとしては極めて良好でした。

オールド感はもちろんありますがノスタルジックとも思える心地良いものでした。

また、大麦の品種によるものか造りによるものかは想像するしかありませんが、この時代の原酒の太さと芯の強さが50年経過してもしっかり残っています。

そしてこの時代はスペイサイドモルトにもしっかりと使われていたピート感もオールド感を帯びて主張してきました。

経年変化で出てきたと思われる深みも感じられ、厚みを伴う染み込むような旨さにうっとりしました。

滋味深く、太い酒質とはこういうものだという酒でした。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood9
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧