ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.06.16【日記】

近年リリース:ロングロウ 1996-2018 21年 ウイスキーエージェンシー "TEN YEARS TWA" 50.9%

さすがにハイレベルなロングロウでした。

 

ロングロウ LONGROW 1996-2018 21yo THE WHISKY AGENCY "TEN YEARS TWA" 50.9%
HOGSHEAD



香りは熟したりんご、オレンジピール、白ワイン、海のミネラル、旨そうなモルティ、しっかりとスモーク。
飲むと滑らかで優しい口当たりから広がる。噛み応えのある柑橘感と旨味の濃いモルティ、甘味には優しいコクがありブリニー、ボディは穏やかだがスモーキーで長めの余韻。

【Good/Very Good】


ウイスキーエージェンシーの10周年記念にボトリングされたうちの1本、スプリングバンクのピーテッドタイプ=ロングロウ1996、21年熟成です。

心地良い熟成感のあるロングロウで、上記の如く多彩なフルーツとモルティさ、そしてハウスタイルであるブリニーでピーティな要素がそれぞれ主張しつつも一体感がありました。

雑味が多く旨みが濃いものが多いスプリングバンクやロングロウですが、このボトルはエージェンシーらしさなのか熟成して落ち着いた香味があり、特に荒さが無く仕上がったタイプでした。

結構高額な印象でしたが、それに見合う完成度の高さとも思えるロングロウでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood7
  • チェック

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧