ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2016.09.29【日記】

キャメロンブリッジ 1954-1985 30年 ケイデンヘッド 46%

こんなスペックのグレーン、初めて飲みました。

 

キャメロンブリッジ CAMERONBRIDGE 1954-1985 30yo CADENHEAD 46%
Sherry Wood Matured



香りはオールドシェリー、皮付きのブドウ果汁、ベリージャム、カラメルと黒糖、淡くバルサミコ酢、グレーン感しっかり、少し腐葉土のようなアーシー、強いウッディネス、リッチ。
飲むとベルベットの滑らかな口当たり、オールドシェリー、皮付きのブドウ果汁やベリージャムの強い甘味、グレーンの雑穀感、強めのウッディネスだが心地良い程度の渋味、長い余韻。

【Very Good, Interesting】


1985年にケイデンヘッドからボトリングされたキャメロンブリッジ1964、30年熟成のグレーンウイスキーです。
シェリーカスク熟成で加水ボトリングです。

50年代蒸留で80年代ボトリングの長熟グレーンウイスキーというだけでも珍しいスペックですが、なんといっても特筆すべきはシェリーカスクのグレーンだということです。

それも淡い影響しかない名前ばかりのシェリーカスクではなく、香りの第一印象から素晴らしいオールドシェリー感が強く主張してきます。
果汁感のあるブドウ感、ベリージャム、カラメルやバルサミコ、腐葉土っぽさや強いウッディネスなど多彩なオールドシェリーカスク熟成らしい要素が感じられ、それにグレーンウイスキーの香りが負けじと強く主張してきました。
かぎ分けることは簡単にできるのですが、こんな香りは経験がなく非常に興味深く、早く飲んでみたいという気持ちが抑えられません。

飲むと長熟でそこそこ度数が落ちたのか加水感はそれほどなく濃厚な味わいで、口当たりはベルベッドのように滑らかで、やはり香り同様に高貴とも思える多彩なオールドシェリー要素がしっかりと感じられました。
フルーティな甘味が強く、これはモルトに限った味わいではないということがわかりました。ウッディネスは強いですが渋味はきつくなく、グレーン特有の味わいは健在でしたがそれも含めて一体感もあって飲み心地も良かったです。

しつこいですが、このシェリー感がこてこてのグレーン感と一緒に感じられたことは初めてで、非常に貴重な経験になりました。
今ではグレーンといえば影響力のほとんどないプレーンカスクで熟成させるというイメージですが、当時はそれだけ良い樽が豊富にあったということでしょう。
加水シェリーでボトリング後30年も経過しているにもかかわらず、ヒネなどのネガティブな要素が出ていなかったのも驚きで、グレーンとの関りは不明ですが、非常に印象深かったです。
似たスペックのものと出会う機会があれば、飲んで検証してみたいです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood8

2015.07.10【日記】

自宅テイスティング:インバーゴードン 1966-2012 デュワーラトレー #5

結構好きな長熟グレーンですが,久しぶりに買いました。

 INVERGORDON 1966-2012 46yo A.D.RATTRAY #5

インバーゴードン INVERGORDON 1966-2012 46yo A.D.RATTRAY #5 51.9%
one of 228 bottles, Bourbon Hogshead

 
 
・香り:
香りは強い,かなり強いバニラとオーク,ココナッツ,ワックスやセメダインなどの溶剤がしっかり,オレンジマーマレード,アプリコットジャム,甘やかな蜂蜜やキャラメリゼしたナッツ,シナモン,ショウガ,オイルと雑穀の穀物感もある。

・味わい:
穏やかな口当たり,香り同様に強く主張するバニラとオーク,オレンジマーマレード,アプリコットジャムや少し蜂蜜も感じる淡いコクのある甘味,ココナッツ,雑穀パンのような穀物感とオイルやクリーム,淡い粘性を感じるテクスチャー,引き締めるオークの渋味や煮出しすぎた紅茶のタンニンがあるが不思議とキツくは無い,リッチでじわじわとスパイシーさも感じる。強い味わいだがボディはミディアム。

・余韻:
オレンジやバニラ,ココナッツオイル,オークといった強く感じた香味が長く残る。引っ掛かりは無く心地良い。
 
・加水:
急激に香りが大人しくなり穀物感が強まるが,味わいはそれほど崩れない。
 
・総評:
ひと言でいうなら嫌みの無い上品で複雑なバーボン。
またアイリッシュに感じるような雑穀のような穀物感とオイリーさも感じた。
長熟でオークの主張もしっかりあるが,不思議とエグ味やタンニンは許容範囲におさまっており引っかからない。
想像以上に後半から余韻にかけてスムーズに流れる展開で飲み心地が良かった。

これだけ強い味なのにボディはそれほど厚くないあたりはグレーンらしい部分であろう。
気になるほどのエグ味や過熟感はでておらず,きっとサードフィル以降の樽で,シングルグレーンとして出すくらいだから結構特別な樽なのではないかと思うが,これだけの樽香がついているのにきついエグ味や渋味がないのはなぜなんだろうか。樽の問題なのか原酒の問題なのか・・・
 
【Good/Very Good】

 
デュワーラトレーのインバーゴードン1966,46年熟成。
バーボンホグスのシングルカスクです。

こういう長熟グレーンウイスキーって,明らかにモルトウイスキーとは異なっていてたまに飲みたくなる時があり,家だと常に1本は開いています。
どちらかというとスコッチというよりバーボンっぽいですがアイリッシュっぽいところもあり,ブラインドで出されるとたまに候補に入れるのですが当たった試し,というか出題された試しはなく,それならと今回開けて仲間たちにも逆に出題してみました。(笑)

バーボンはそれほど詳しくありませんが,一般的なバーボンに比べると溶剤っぽさやウッディネスの出かたなど共通点も多々ありつつも,より深みや厚みがあり,パフュームやケミカルさも感じないように思います。
また,これだけの長熟で強い味にもかかわらずキツいエグ味,渋味を感じない飲み心地の良さがあり,どこか品のある香味だと思います。

もちろん一般的なバーボンとは熟成期間も値段も全然違いますから同じ土俵で勝負させるものではないとも思いますが,この系統としてはモルト愛好家でも楽しめる1本ではないかと思います。


 

COMMENT(2)
この記事を評価するGood

2014.11.28【日記】

Whisky Festival 2014 in TOKYO に参加しました。~後編~


11月24日に開催された,今年のウイスキーフェスの記録ですが,前編に続いて後編です。



今回はセミナーの話です。

土屋守さんの
「“幻のシングルカスクコレクション”一気飲み―第2弾」

そして山岡秀雄さんの
「北ハイランドモルトを飲む」

この2つに参加できました。

 

まずは土屋さんの「“幻のシングルカスクコレクション”一気飲み―第2弾」です。

 

これは1998年頃から土屋さんが選んでアラン・ジャパン(現ウイスク・イー)さんがボトリングしたシリーズです。
自分もスコ文研のイベントに参加するようになってそこそこ経ちますので,このシリーズは結構前にたくさん飲んだのですが,わりと若いものも多く昔は正直あんまり美味しくないなと思ったものもあったのですが,前回の第1弾,今回の第2弾と飲んでみて,その多くを以前よりも美味しく感じました。

今回のボトルは,
・ダンバートン1987,12年
・クライヌリッシュ1989,9年
・ブナハーブン1979,19年
・スプリングバンク1967,31年
・ダルモア1989,11年
・ボウモア1989,11年
この6種類でした。

ダンバートン1987は昔,グレーンのこんな短熟のものなんてなんで詰めたんだろうと思ったものですが,今となっては結構こなれて刺激も少なくなり,もともとのライトな酒質も影響してかオイリーながら品の良い甘さとバニラっぽさが心地良い1杯でした。

クライヌリッシュ1989は若さもありましたが,それでもぬるっとしたテクスチャーとオイリーなニュアンス,そしてアプリコットやオレンジのようなフルーティもある期待以上に正統派クライヌリッシュの美味しさでした。

ブナハーブン1979は,前にも家で1本飲んだボトルで,青リンゴやグレープフルーツ,そして草っぽさなど爽やかなニュアンスが強い軽やかなタイプですが,樽感があまりないためか後半から余韻にかけては自分がブナにしばしば感じる独特のエグ味のようなものが特にわかりやすく感じられ,蒸留所の個性も感じられる1杯でした。

スプリングバンク1967も以前家で1本お付き合いしましたが,当時と比べても衰えを感じない素晴らしいボトルでした。やや強めのウッディネスにも負けずしっかりとイチゴジャムなどのフルーツが主張し,思わずうっとりと陶酔してしまうような素敵な60年代バンクでした。

ダルモア1989はわりと最近家で開けて投稿もしたので割愛しますが,変わらずなかなか美味しかったです。

そして最後のボウモア1989は,ボウモア暗黒の80年代最後の年の蒸留ですが,このボトルにはパフュームは探すと味わいにうっすらあるかどうかというくらいで,ほとんど主張しません。その代わりボウモアらしいトロピカルフルーツのニュアンスも影をひそめており,シェリーのニュアンスをベースにやさしいジャムっぽいフルーツ感とその甘味,強めのピートが特徴的なリッチなボトルでした。またトロピカル感は,きっともう少し時間が経つとでてきそうな気がしました。

そこそこ長いお付き合いですし今さらですが,土屋さんはお話が上手いですね。
それほどでもないウイスキーも,お話を伺いながらだと楽しく飲めますし,時には実際以上に美味しく感じるときがあります。(笑)

今回はウイスキー考証として参加されているNHKドラマ,「マッサン」の話などもしていただき,とても楽しい時間でした。

 


続いては山岡さんのセミナー「北ハイランドモルトを飲む」です。



今回は北ハイランドをテーマにしたテイスティングでしたが,個人的に好きな地域ということもあり,とても楽しみにしていました。

テイスティングボトルは,
・バルブレア1965 OB
・プルトニー1997 17年 Hand bottled at the distillery OB
・ティーニニック1972 27年 The rare malt selection OB
・ダルモア1979 23年 for Japan OB
・グレンオード1970 33年 Douglas Laing OMC
・グレンモーレンジ 12年 Port Wood Finish OB
という,今回も豪華なラインナップでした。


これがブラインド形式で出題され,参加者が順番に感想を述べて最後に山岡さんがまとめるというスタイルでセミナーは進行しました。
最近の山岡さんのセミナーはこの形式が多いですね。
凄いボトルばかりなのでラベルで評価してしまいそうですから,ブラインドで飲んだ方がフラットなテイスティングができるという意図なのかもしれませんね。
これだけのボトルですからブラインドでなくラベルオープンで出した方が,みんな凄い凄いと言って飲んでくれそうなものなのに,そうしないあたりが山岡さんらしいなと思いました。そういえば北ハイランドでクライヌリッシュやブローラを入れてこないあたりも山岡さんっぽかったです。(笑)


発表・解説は,モーレンジ,ダルモア,オード,ティーニニック,プルトニー,バルブレアという順でした。

モーレンジのポートは,明らかなワインカスク系の後熟感があり,さらに度数も低かったですから予想通りという感じでした。

ダルモア1979はトロピカル感も含む熟成感のあるフルーティさが効いており,あまりシェリー感は感じず,全然わかりませんでした。ただ,正解発表後によくよく思い出してみれば飲んだことのあるボトルで,調べてみると前に飲んだ時にもそんなテイスティングノートを書いていました。(笑)

ティーニニック1972とオードの1970は,それぞれ非常に美味しいボトルで,この日もっとも心に残ったボトル達でした。共にスペイサイドとは異なる熟成感があり,熟した濃厚なフルーツと下支えする無骨な麦感とその旨味,淡いピート,それらが高次元でバランスのとれているボトルでした。なお,ティーニニックには,奥の方からハウススタイルと認識しているシナモンっぽさがでてきましたね。
どちらもはっと目が覚めるような旨さでした。

そしてプルトニーのハンドボトリングは以前も記事に書いたとおり北ハイランドを代表するようなプルトニーらしさと華やかさが同居しているボトルが多く,これもそんなタイプでした。若いモルトでしたが他のボトルに見劣りしない魅力がありました。

最後がバルブレア1965で,20万円以上したという山岡さんの秘蔵ボトルでした。ここで開けてしまうなんてさすが太っ腹ですね。
非常に熟成感があってフルーティ,多彩で華やかな香りですが,飲んでみると度数のわりにややボディが枯れ始めているような印象もありました。とはいえ長熟の魅力のひとつをしっかりと感じられる貴重なオフィシャルボトルで,飲めたことに感謝です。

そんな感じで,陶酔感のあるものをたくさん飲ませていただきました。
だいぶ酔った状態で始まった終盤のセミナーだったのですが,しっかり全部飲んで帰ったのは言うまでもありません。(笑)


しかしこのあたりで美味しくテイスティングできる限界を感じたため,これ以降はほとんど飲まずにブースを回り知人たちと話し,ほど良いところで帰宅しました。

帰宅後に子供と上機嫌で遊んだはずなのですが,あまり覚えていません。(笑)


ブースでの試飲も,セミナーでも,濃厚で良い時間を過ごさせていただきました。
関わってくださった皆様に感謝いたします。


 

2014.09.23【日記】

Tokyo International Bar Show WHISKY LIVE 2014へ行ってきました。


9月20日から21日まで,水道橋のプリズムホールで行われたTokyo International Bar Show WHISKY LIVE 2014の,2日目に参加しました。



そこで飲んだボトル達で印象に残ったものを簡単にご紹介します。

まず,入ってすぐにウィスク・イーさんのブースでブラインドテイスティングをやっており,参加してみました。



Aはベンリアック16年と予想しましたが正解はベンリアック12年。
Bはスプリングバンクの15年と予想しましたが正解はヘーゼルバーンでした。
特にBは,シェリー樽の方向性とピートの出方から最近のピートが強めのスプリングバンクかなと思ったのですが,まさかのヘーゼルバーン。
ヘーゼルバーンとスプリングバンクは同じ蒸留所で作られるモルトですが,ヘーゼルバーンにピートを感じたことがなかったので,ちょっと驚きでした。最近のバンクと同様,ヘーゼルバーンもピーティになってきているのでしょうか?
というか,このブログでまだヘーゼルバーンって1度も紹介してないですね。単に経験不足かもしれません。(笑)


続いて今年のバーショー向けのアランとスプリングバンクをテイスティングしましたが,まさかの写真撮り忘れ。(笑)
アランは最近の魅力的なアランにしばしば感じるトロピカル感を含む熟したフルーツのニュアンスがしっかりと感じられ,かなり好印象でした。
スプリングバンクはバーボン系の樽が前に出た味でしたが,かなりフルーツが前面に出たボトルで,ピートもきつくなく,生木っぽさもなく,らしい往年の華やかさが感じられる美味しさでした。
どちらも値段はそれほど高くないようですし,個人的には買いだと思いました。


続いてサマローリのブースでブナハーブンと1980表記のブレンデッドを試飲。

 

ブナハーブン1974-2014は,約40年熟成で度数の落ちたカスクストレングスでしたが,非常に魅力的なフルーツ感でした。
ブナハーブンらしいクセは無く,やや線は細いですが,エージェンシーの長熟ブナハーブンと共通点が多いエステリーさや桃,洋ナシと言ったフレーバーが多彩に感じられました。
陶酔感のあるフルーツ香は魅力的で美味でしたし,7万円オーバーという強気の価格設定もさすがサマローリというところですが,個人的にはボディを重視した往年のサマローリの方向性とは異なっているようにも思いました。

ブレンデッド1980は,良いグレーンが入っているようで,熟したフルーツとクリーム系のオイリーさ,バナナミルクを感じるようなリッチなブレンデッドでした。これも美味しかったです。


信濃屋さんのブースでは,今度発売されるアランをいただきました。



2004年蒸留の9年熟成という短熟シェリーホグスのアランでしたが,強めに効いたシェリー感が未熟感をうまくマスクしており,ちゃんと美味しく仕上がっているモルトでした。
短熟らしく価格も抑えられているようで,ボトリングのコンセプトがしっかりと感じられるボトリングだと思いました。

 

キリンのブースでは,高額で話題になった御殿場のシングルグレーン25年をいただきました。



上品なアイリッシュのような,オイリーでトロリとしたウイスキーで,トロピカル感を含んだフルーツも充実しておりかなり美味しかったです。
たしか,御殿場のグレーンは,一般的な連続式蒸留器とは異なったバーボンのような作りだったと記憶しています。グレーンとしては意外にしっかりしたボディも,原材料の個性を残したその造りに由来するものでしょうか。
3万円オーバーという価格を考えて買いかと言われれば否なのですが,とても美味しく,よく無料で出してくれたなと思います。


三陽物産のブースでいただいた,アンノック(ノックデュー)のピーティタイプがちょっと驚きでした。



そもそも,ノックデューでピーティタイプの原酒を仕込んでいたことも今回初めて知りました。
ルーター(左)とフローター(右)という,ピートを切り出す器具の名前を付けられたボトルで,ルーターのほうがへヴィにピートを炊いたタイプとのことです。
どちらもピーティかつフルーティなモルトで,特にルーターは,ブラインドでノージングしたら迷わずリフィルカスク系のフルーティなラフロイグと答えてしまいそうな香りで,飲んでみてもややボディの無いフルーティラフという感じでした。
90年代ボウモアに対するアードモア1992の関係性に近いものを感じました。
これはブラインドで出したいドリンカーの顔がいくつも浮かんできたボトルだったのですが,今回日本に入ったものは即完売してしまったとのこと。
今後機会があればボトル買いしていろいろ楽しみたいボトルでした。


あとはスコモルさんのブースで宗さん(吉村宗之さん)の設計したテイスティンググラスを使わせていただいてブラインドテイスティングに応募したり,スコ文研のブースでちょっと久しぶりに土屋さんとお話しつつ,新刊を買ったりしました。
土屋さんの本もそうですが,いよいよ迫ったNHKの朝の連ドラ「マッサン」の放送開始に向けて,ジャパニーズも盛り上がってる感じでしたね。


今回のイベントでは,以前からお会いしたかった方々ともお会いできました。
普段の行動範囲が異常に狭いということもあり,こういうイベントは良い機会になりますね。
ブログを見てくださっているという方ともたくさんお会いできて,ちょっと恥ずかしい部分もありましたが,モチベーションはかなり上がりましたね。


みなさま,楽しい時間をありがとうございました。


 

2013.06.30【日記】

ニューリリース:インバーゴードン21年 ケイデンヘッド ダンピーボトル

あまり経験のないスペックのシングルグレーンでした。

 

インバーゴードン INVERGORDON 21yo CADENHEAD 46%


ジンを感じる鋭いスピリット感、フレッシュシトラス、薄めたジントニック、白い花、植物感と穀物感しっかり、全体にクリア、シロップの甘味、若干のエグ味。

【Good】


ケイデンヘッドの黒ラベル・ダンピーボトルからのニューリリース、インバーゴードン21年です。

インバーゴードンはグレーンウイスキーですが、シングルグレーンのこのくらいの熟成期間のものってあまり経験がありません。
ジンっぽいスピリッツ感とフレッシュなシトラスの様なニュアンスがあり、ジントニックに近いニュアンスを感じました。
甘味もすっきりしており、全体にクリアな印象でした。
なかなか美味しいグレーンウイスキーでしたし、良い経験になりました。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧