ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.12.01【日記】

グレンキース 1970 40年 シルバーシール 信濃屋 & BAR STAG

ちょっとウッディネスが強かったですが,昔のキースのニュアンスもあり濃い味でした。

 

グレンキース GLENKEITH 1970-2011 40yo Silver Seal for Shinanoya & BAR STAG 46.9%
one of 235 bottles



香りは熟しすぎたリンゴ、淡いシナモン、強いオークのウッディネス、ヒノキ、バニラクリーム、リッチ、飲むと滑らかな口当たりから広がる、リンゴジャムとその甘味、少しケミカルさも感じるがパイナップル系のトロピカル要素、バナナクリーム、ウッディネスも強めだがリッチで長い余韻。

【Good/Very Good】


信濃屋さんのプライベートカスク50樽目を記念し,小倉のBAR STAGさんと一緒にシルバーシールからボトリングした,グレンキース1970の40年熟成。

熟した濃いリンゴ系のフルーツ感,そして昔のキースにしばしば感じるヒノキっぽさも含む強いウッディネスとバニラクリームが感じられるリッチな香りでした。
飲んでみると香り同様の加熱したリンゴと,ちょっとケミカルなニュアンスも伴うもののパイナップル系のトロピカル要素も感じました。クリーミーで粘性を感じるテクスチャーがあり,ちょっと過熟かなとも思われる強めのウッディネスもあるためか度数は下がっていますがボディを感じました。
個人的にはちょっと飲み疲れするタイプのモルトではあるのですが,1杯の満足度の高い長熟キースでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧