ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.04.05【日記】

グレンロッシー 1981 16年 ハートブラザーズ

とても優しく,意外に完成度の高いボトルでした。

 

グレンロッシー GLENLOSSIE 1981 16yo HART BROTHERS 43%
SHERRY WOOD



香りは優しいプラムやイチゴのジャム、紅茶、奥から麦、柔らかな口当たり、ふわりと軽さを感じる、優しいジャムの甘味と良い酸味、コクもあり,バランスも良好。

【Good/Very Good】


ハートブラザーズから,加水タイプのグレンロッシー1981,16年熟成。

良いシェリー感を伴うフルーツ感や紅茶のニュアンス,そして麦感がバランス良く主張し,軽やかさもあるのですが薄っぺらいモルトではありません。
香りにおいても味わいにおいても,非常に近寄りやすい優しいニュアンスがあったのが印象的でした。
80年代蒸留でシェリーカスクというと構えてしまうのですが,サルファリーも全くなく,そんな心配が全く不必要なボトルでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧