2015.01.21【日記】

ベンネヴィス 1973-1999 オフィシャル #755

こういうスペックのオフィシャルのベンネヴィスって,経験が無い気がします。

 

ベンネヴィス BENNEVIS 1973-1999 OB #755 55.2%
one of 247 bottles



香りはアプリコットジャム、淡いパイナップル、若干の新樽感やヒノキっぽさを含む強めのウッディネス、シナモン、クリーム、リッチ、飲むと滑らかな口当たり、シナモン、こなれた麦感、淡くソーピーだが華やか、アプリコットジャム、優しい甘味、ミント、クリーム、ゴマ油、植物感、余韻は長くはないが綺麗に切れる。

【Good/Very Good】


オフィシャルのベンネヴィス1973,シングルカスクでおよそ26年の熟成です。

70年代のオフィシャルベンネヴィスなんて,あまり経験がないように思いますが,私の苦手な紙っぽさや珍味っぽいニュアンスもなく,らしいパイナップルなどのトロピカル感は露骨な主張ではなく穏やかに感じられました。
シナモンのような香味はわりと強めに感じられ,ゴマ油っぽい不思議なオイリーさはありましたが重たいニュアンスがあまりなく,ボディはそれほど厚くなく穏やかな飲み心地でした。
若干ニッカ系の新樽感も感じられたのは,買収前の蒸留ですし詰め替えが無ければ偶然でしょうね。
そして,飲むと若干ソーピーなフレーバーがあるのですが,全体を華やかにしており決して悪いニュアンスには感じませんでした。

私がベンネヴィスにしばしば感じる,ネガティブなオイリーさや紙っぽさが控えめで,重さもない飲み心地の良いベンネヴィスでした。



 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧