ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.01.10【日記】

ミルトンダフ14年 セスタンテ プラスカーデンヴァレー

プラスカーデンヴァレー史上一番かもしれません。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 14yo SESTANTE PLUSCARDEN VALLEY 57.4%
80年代ボトリング



良い香り立ち、ねっとりしたバナナクリーム、洋梨、熟した柑橘、熟したリンゴ、シナモン、バニラ、しっとりとまとわりつくような麦感とフルーツの酸のニュアンス、少し妖艶さ、飲むとじわじわと強まる刺激と芳醇に広がる味わい、リンゴジャムの甘味、濃厚な麦の旨味、シナモンもありアップルパイを感じる、スパイシーで旨味の濃い長い余韻。

【Very Good】


プラスカーデンヴァレーと銘打たれたセスタンテのミルトンダフ14年カスクストレングス。この14年の他にも21年、12年があり、加水タイプもあります。

カスクストレングスにしては香り立ちも良く、フルーツケーキを思わせるクリーミーでフルーティな香りとまとわりつくような麦の融合が感じられます。そしてうっすらですが何とも言えないちょっとセクシーなニュアンスも感じました。
飲んでも香り同様の陶酔感があり、フルーツと麦が融合しています。恐らくは瓶内での変化でしょう。ボディも厚く、濃い麦の旨みが長く残ります。VG/Eとするか迷ったボトルでした。

自分の中ではプラスカーデンヴァレー史上最高のボトルになりました。

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

厚みと凝縮感のあるミルトンダフでしたね。
何種類かあるのですが、これが一番美味しいと思いました。

このころのミルトンダフには、麦の旨味とフルーツが融合した好みのものが多く、ハズレボトルにはほとんどであったことがありません。
本当に安定感がありますね。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2014.01.12 18:15

すごくおいしいミルトンダフでした!
私は初めて飲みましたがいくつか出ているとは知りませんでした。
麦の厚みと甘味、フルーティーさ、きれいな樽感と良いところが凝縮された、スペイサイドのバーボン樽系の理想像に近いボトルだと思いました。
さすがのセスタンテ、安定のミルトンダフでしたね。

  • Posted by-
  • at2014.01.12 08:08

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧