2013.03.24【日記】

やっと出会えたイチローズモルト23年 羽生 カスクストレングス

ジャパニーズの高額ボトルにはなかなか出会う機会がありません。

 

羽生 Hanyu Ichiro's Malt 23yo CASK STRENGTH 58%


熟したプラム、ベリージャム、ドライフルーツ、香木感のある強いウッディネスと樹液、レザー、焦がし麦、セメダイン、少しクローブ、フルーティなジャムの甘さ、タンニンの渋味、リッチ。

【Good/Very Good】


羽生で蒸留された23年以上の樽のみをヴァッティングして造られたというイチローズモルトのカスクストレングス。
発売当時から価格は4万円台後半でした。
ジャパニーズに強いBARに行くことはなかなか無く、興味はありましたがこれは飲む機会ないだろうなと思っていたのですが、どういうめぐり合わせか有楽町で出会うことになりました。

熟したフルーツやドライフルーツなど濃厚なフルーツ感が充実しており、かなりパワフルでリッチでした。ウッディネスと渋味も結構強いですが許容範囲です。

上等なジャパニーズモルトを飲んだ気にさせてくれるボトルでした。


COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2022年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧