2015.05.08【日記】

ニューリリース:リンクウッド 1984 30年 ウイスキーエージェンシー "early flying"

熟成感のあるリッチなスペイサイドモルトでした。

 LINKWOOD 1984-2014 30yo THE WHISKY AGENCY

リンクウッド LINKWOOD 1984-2014 30yo THE WHISKY AGENCY "early flying" 49.2%
one of 174 bottles, Refill Hogshead



香りは煮詰まったアプリコットティー、強くアップルパイ、シナモン、プラム、穏やかな麦感、リッチ、飲むと滑らかな口当たりから広がる、アップルパイと紅茶、少しクリーミーでコクのある甘味、味を深める渋味、リッチ、ノンストレスで心地良く長い余韻。

【Good/Very Good】


ウイスキーエージェンシーからニューリリースのリンクウッド1984,30年熟成です。
1984で30年オーバーというのは感慨深いですね。

熟した感や濃縮した感があるフルーティが十分に感じられ,麦感やシナモンを感じるアップルパイっぽさもあるリッチな香りです。

飲んでもやはり熟成感のある口当たりで,フルーティで淡くクリーミー,コクのある甘味に良い渋味も味も深めており,リッチで飲み心地の良い味わいでした。

当初はダンカンテイラーばりに長熟を連発していたエージェンシーですが,さすがに60年代,70年代のものは少なくなりました。
とはいえ80年代蒸留でも30年を超えてくるご時世ですし,近年の長熟のひとつの形を見せてもらった気がします。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

80年代の長熟には,30年以上経ってもエステリーで軽いタイプが少ないように思います。70年代とはまた違った個性があるようにも思えて興味深いですよね。ブラインドで年代予想するときにしっかりと認識できるくらい飲み込んで行きたいものです。

カーステンさんも結婚したんですね。
その勢いで良いものが出てくることに期待します。
ご祝儀相場にならないといいですが。(笑)

海外サイトに明るくないので,日本での発売前に飲んだエージェンシーはシリーズがわからないことが多いです。有楽町のマスターもその辺は無頓着ですしね。(笑)
教えていただきありがとうございました。書き足させていただきました。
89ギリーはまだ飲めてませんが,オススメということでしたし,是非飲んでみたいですね。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2015.05.11 23:51

ラベルもいいし、典型的で美味しいリンクウッドでしたね。
80年代は生産が少ないため、いいと思うものはリンクウッドやダルユーインなど、ディアジオ系のものが多い気がしますね。

エージェンシーの長熟といえば、蒸留所はどこかわからないけど、エステリーでフルーティーな度数落ちのイメージでしたが、それももはや過去の話で前に進んでいますね。

最近カーステンさん結婚したらしいのでノリにノッてるんでしょうか(笑)。

ちなみにこれはearly flyingというシリーズらしいですよ。

http://www.whiskynotes.be/tag/early-flying/
他のラインナップも最近のエージェンシーらしいですね。
89ギリーはパーフェクトドラムがよかったので、ちょっと飲んでみたいです。

  • Posted by-
  • at2015.05.10 13:05

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧