ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.04.21【日記】

グレンドロナック 1968 25年 オフィシャル

やはり陶酔感のある高貴なシェリー感が突き抜けていました。

 

グレンドロナック GLENDRONACH 1968-1993 25yo OB 43%
SHERRY CASKS



香りは高貴なオールドシェリー、皮付きのブドウ果汁、ドライフルーツ、ミント、フローラルもある、アメリカンコーヒー、複雑で妖艶、飲むと滑らかな口当たり、ふわりと芳醇に広がる高貴なオールドシェリー、噛みごたえも感じる凝縮感,皮ごとで絞ったブドウ果汁や煮詰めすぎていないベリージャムの濃いめの甘味と引き締める淡いタンニンの渋味、陶酔感があり非常に心地良く長い余韻。

【Very Good/Excellent】


1993年にボトリングされたグレンドロナックのオフィシャル1968,25年熟成の加水タイプです。

この時代ならではの高貴なオールドシェリーがしっかりと感じられますが支配的ではありません。
オールド感がありながら果汁などの活き活きとした要素もあり,ジャム感のあるフルーツとフローラルも陶酔感を伴って感じられました。
加水ということもあってか引っかかるところが無く,香りも味わいも非常にスムーズに展開していきます。ボディが厚いわけではないのですが,余韻は最後まで心地良いためか長く感じました。

この辺のシェリーカスクのドロナックは総じて素晴らしいですね。
買収後に出てきた1972などの素晴らしいシェリーカスクのものとの共通点もあるのですが,比べてみるとこちらのほうが果汁感が豊富で土っぽさや渋味が少なくスムーズなのが大きな違いでしょうか。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

熟成が長すぎず,加水ということもあって,非常にスムーズでした。
陶酔感があり美しさすら感じてしまう素晴らしいモルトでしたね。
この辺のドロナックは,シェリーカスクのモルトのひとつの極みではないかと思います。

72開けてもいいんじゃないですか?
飲みたいときが開けどきですよ!!

  • Posted byT.Matsuki
  • at2015.04.21 20:41

素晴らしいドロナックでしたね。
やっぱり自分はドロナックが好きなんだなあ、と思いました(笑)。
今や蒸留所が持つ最古のヴィンテージになってしまいましたが、お手頃に飲めてありがたかったです。
最近、68、71、75と飲む機会があり、72を開けたい欲求が高まってます(^^;

  • Posted by-
  • at2015.04.21 13:28

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧