ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.08.22【日記】

ニューリリース:グレンドロナック 1995-2014 19年 オフィシャル メゾンドウイスキー向け #1563

こちらは近年の王道ドロナックシェリーでした。

グレンドロナック GLENDRONACH 1995-2014 19yo OB for La Maison du Whisky #1563 グレンドロナック GLENDRONACH 1995-2014 19yo OB for La Maison du Whisky #1563

グレンドロナック GLENDRONACH 1995-2014 19yo OB for La Maison du Whisky #1563 54.2%
one of 640 bottles, Oloroso Sherry Butt



香りは強いシェリー、プラムジャム、デーツ、チョコレート、シナモン、ハーブ、焦げ感のある麦、ブランデーケーキ、リッチで複雑、飲むと粘性のある口当たりからヒリヒリとスパイシーになる、プラムジャム、ジャム系の濃い甘味とほどよい渋味、焦がし麦、リッチ、長い余韻。

【Good/Very Good】


フランスのメゾンドウイスキー向けにボトリングされた,オフィシャルニューリリースのグレンドロナック1995,19年熟成です。

前回のオロロソシェリーパンチョン2003に続いてこちらのオロロソシェリーバット1995もいただきました。

こちらはしっかりとシェリーが効いたタイプで,ドライフルーツやフルーツジャム,チョコレートやハーブ,シナモンなどのスパイスといった要素が充実しており,麦感は残っていますが焦げ感を伴ったような感じでした。

ジャム系の濃い甘味と渋味のバランスも良好で,リッチで長い余韻が楽しめました。

同じシェリーカスクでも浅漬けのようだと書いた2003とは好対照で,こちらはしっかりと漬かったタイプでした。
最近のドロナックの美味しいシェリーカスクのモルトらしい美味しさでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧