ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.04.04【日記】

ブナハーブン 1987 26年 ウイスキーエージェンシー パーフェクトドラム

白ワイン感の強さは樽由来でしょうか。

 

ブナハーブン BUNNAHABHAIN 1987-2013 26yo THE WHISKY AGENCY “THE PERFECT DRAM” 49.4%
one of 255 bottles, Ex-Fino Cask



香りはレモン、強く白ワイン、淡く青りんご、ココナッツ、バニラ、下支えする麦感、飲むと穏やかな口当たり、華やかに広がる、レモン水、白ワイン、ナッツ、上品な甘味、淡い酸味、バランスがよく嫌味のない味わい。

【Good/Very Good】

ウイスキーエージェンシーからパーフェクトドラムとして2013年にボトリングされたブナハーブン1987,26年熟成です。
ちょっと珍しいフィノカスクでの熟成です。

熟成感を伴うわりと爽やかな香りで,強く白ワインを感じました。飲んでみてもさっぱりした柑橘や香り同様の白ワイン感があり,上品な甘味と酸味のバランスもよくサラリと飲めるブナハーブンでした。

このあいだいただいた日本向けのBBRのブナハーブンも同ヴィンテージでしたが,樽も違い全体としては似たタイプではないにもかかわらず,自分がブナハーブンのハウススタイルとも思っている野暮ったいエグ味が無いのは同様でした。

引っ掛かりの無い,上品で綺麗なブナハーブンでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧