2013.11.11【日記】

ニューリリース:レダイグ7年 ウイスキーエクスチェンジ レトロラベル

シェリーで若さを覆い隠しているような感じでした。

 

レダイグ LEDAIG 7yo THE WHISKY EXCHANGE RETRO LABEL 59.4%


強いピートと若い麦、キャラメリゼしたナッツ、ドライオレンジ、魚介ダシ、少し硫黄や醤油っぽいサルファリー、バーベキューの肉、飲むと生のピーテッドモルトを噛んだよう、カラメルソースの甘味、麦の旨味と魚介の旨味あり、スパイシーでややオイリー、ボディもあり長い余韻。

【Okay/Good】


ウイスキーエクスチェンジのレトロラベルからニューリリースのレダイグ7年です。

島モノらしい強いピートと旨みの濃い魚介ダシが感じられ、ちょっと硫黄や醤油っぽいサルファリーも伴うシェリー感も強めです。
香りはピートとシェリーと麦感などが融合せずカオスのようになっている感じでしたが、飲むと旨味が強くそれなりに美味しくいただけます。
7年という短熟だけあって、若々しい麦感も荒々しさもありますが、シェリーとピートでうまくマスクされているためかそこまで気になりません。
テイスティングしていて、オフフレーバーを十分に感じる余裕を与えられず強引に押し切られたような気分になったレダイグでした。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

ちょっと珍味系の要素もある変わった若いモルトでしたが、ダメかと思いきや、飲んでみると意外と飲める味だったのが印象的でした。
特に香りはバラバラな感じでしたが、確かに10年後に飲んだらサルファリー菜要素が抜けて一体感も出ているかもしれませんね。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2013.11.12 16:24

ピーティーでチーズ系の酸味のあるシェリー樽の若いモルトで、どことなくロングロウに近いイメージでした。
若さの割にはまあまあだと思いましたが、あまり得意でない人が多い気がします(笑)
私はこういうのも嫌いじゃないはずなのですが、家にはこの系統は1本しかありません(笑)
10年位して開けたらうまく感じそうな気がします。

  • Posted by-
  • at2013.11.12 09:34

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧