2015.09.13【日記】

自宅テイスティング:プルトニー1990 23年 ケイデンヘッド スモールバッチ キャンベルタウンロッホ向け

まさに美味しいプルトニーという香味でした。やはりオフィシャルとボトラーが近い蒸留所です。

 プルトニー PULTENEY 1990-2013 23yo CADENHEAD SMALL BATCH for Campbeltoun Loch

プルトニー PULTENEY 1990-2013 23yo CADENHEAD SMALL BATCH for Campbeltoun Loch 55.8%
one of 228 bottles, Bourbon Barrel



・香り:
まったりしたレモンパイ,強くオレンジオイル,高級な蜂蜜,バニラクリーム,ココナッツミルクやシナモン,淡くショウガ,旨そうな麦感がしっかり,リッチ。


・味わい~余韻
粘性のある口当たりからヒリヒリとスパイシーに力強く広がる,ドライオレンジやマーマレード,香り同様にレモンパイ,パイナップル,ココナッツ,バニラ,強いコクのある蜂蜜の濃い甘味,長めに残る強めのブリニー,こなれた麦の旨味が濃厚で少し噛み応えもある,樹液とリッチなオークが味を深める,オイリーで長い余韻。


・加水:
多めに加水しても崩れない。


・総評:
オフィシャルからもリリースされることの多い,バーボンカスクのプルトニー。
バーボン系のプルトニーらしいニュアンスが充実しており,ボトラーズモルトだが,オフィシャルと言われても全く違和感の無い仕上がりだった。
期待通りのボトルで,味が濃いのに飲み飽きせず,たくさん飲める素敵なモルト。


【Good/Very Good】


私の第2のマイホームである,有楽町キャンベルタウンロッホさんがボトリングした,ケイデンヘッドのスモールバッチシリーズのプルトニー1990,23年熟成です。
すでにボトリングからそこそこ時間が経っており,自宅で飲むのも2本目,しかもその終盤に突入していますが,ふとこのブログに載せていないことに気づきました。
BARで何度も飲んで満足のいくテイスティングノートを書けたという自負があったために忘れていたんだと思いますが,改めて自宅テイスティングとして記事にしてみました。


いろいろ書きましたが,結局基本は以前記事にした通りで,今の認識も変わっていないということがわかりました。
改めてじっくり飲んで,それを確認できました。


やはりニューリリースの安定感という意味ではプルトニーは突き抜けていますね。

 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧