2014.04.22【日記】

グレンアルビン 10年 オフィシャル イタリア向け 70年代流通

良いオールド感と多彩なフルーツ感が魅力的でした。

 

グレンアルビン GLENALBYN 10yo OB for Italy 43.4%
70年代流通



香りは熟したオレンジ、淡く桃や洋梨、柑橘のわた、紅茶,良いオールド感と蒸れたようなニュアンス、全体に円熟した丸みを感じる香り、飲むと穏やかな口当たりから優しく広がる、飲んでも心地良いオールド感が全体を覆う、香り同様のフルーツ、特に熟した柑橘の上品な甘味と酸味、やや強めの植物感、キレイに切れる。

【Good/Very Good】


70年代流通と思われるグレンアルビン10年,イタリア向けのオフィシャルボトルです。

ボトリング後相当な時間が経っており,オールド感が結構感じられますが,個人的には好きなニュアンスでした。
全体を覆うような円熟した丸みは,おそらくこの瓶内変化で生じたものと思われ,また多彩なフルーツ感はさすが60年代以前の蒸留というものでした。
上品な甘味や酸味も心地良く,美味しいアルビンでした。

そうえいば,このあたりの蒸留のアルビンには何とも言えない妖艶な感覚を覚えることが多いのですが,このボトルには無かったのも印象的でした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧