2015.03.15【日記】

宮城峡 20年 オフィシャル #117421

バリシェリーの宮城峡20年,濃厚でした。

 

宮城峡 MIYAGIKYO 20yo OB #117421 61%


香りは強くシェリー、ベリーやアプリコットのジャム、ナッツ、黒糖、ハーブ、クローブ、少しレザー、とてもリッチ、強めのウッディネス、飲んでも濃いシェリー、ベリージャム、ドライフルーツ、重厚、濃い甘味、タンニンもある強めのウッディネスと渋味、リッチ、長い余韻。

【Good/Very Good】


宮城峡蒸溜所で購入できる,宮城峡の20年熟成シングルカスクです。

非常に濃厚なシェリーカスクの影響が全体を支配しているタイプで,宮城峡の個性はほとんど感じられませんでしたが,サルファリーの無い良いシェリーの個性が多彩かつ濃厚に感じられる香味でした。
ややタンニンや渋味はきつめですが,リッチで厚みがあり,甘く長い余韻も楽しめました。生木系の木材っぽさがあまりなかったのも良かったです。

ジャパニーズの20年というと,なんとなく熟成が長く高額というイメージがありますが,逆算すると90年代半ばの樽ですよね。ニッカがこういうサルファリーや生臭さの無い樽をどこから入手しているのか,気になるところです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧