2013.07.17【日記】

想定外に重厚だったキャパドニック1967 37年 ダグラスレイン オールド&レア

珍しく力強いキャパドニックでした。

 

キャパドニック CAPERDONICH 1967-2005 37yo DOUGLAS LAING Old&Rare 56.4%
FINISHED IN Rum Cask 6 MONTH MINIMUM, one of 133 bottles



少し妖艶さも感じる香り、長熟らしいウッディネス、濃く煮出した紅茶、熟したリンゴ、アプリコット、プラム、樹液、キャラメリゼしたナッツ、リッチでやや重厚、バターを敷いて加熱したリンゴのような強い甘味、良い酸味。

【Very Good】


ダグラスレインの最高峰レンジ、オールド&レアからキャパドニック1967。37年熟成の長熟で、最後にラムカスクで6か月以上の後熟をして仕上げています。

妖艶さも感じる良い香りで、長熟ですがヘタレることもなく、キャパドニックとしてはかなりボディもあり重厚でリッチです。やや強めのウッディネスも強すぎる渋味は出しておらず味わいを厚くし深めています。

最近でこそドイツ系ボトラーやダンカンテイラーあたりから熟したフルーツ感が全開の70年代キャパドニックが連発されて人気になりましたが、まだ私の中ではさっぱりしたフルーツとやや薄めのボディといった印象が強く残っています。このボトルはそのどちらとも違い、強く良いウッディネスを伴う重厚なものでした。
今まで飲んだことの無いタイプのキャパドニックで驚きましたが、かなり好きな味で美味しくいただきました。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

キャパドニックお好きですよね!
特にこれは重厚で複雑で美味しいボトルでした。

最近有楽町で昔のオールド&レアが連続して開いていますが、本当にどれも素晴らしいですね。不思議なことに共通の陶酔感や妖艶さを感じています。



  • Posted byT.Matsuki
  • at2013.07.17 20:44

私はこれはかなり痺れました。
ロッホナガーやグレンアラヒなど素晴らしいold&rareが開いていてどれも素晴らしかったですが、やっぱり自分はキャパドニックが好きなんだと思います(笑)
確かにハイプルーフでも長熟だと厚みを失いがちな蒸留所ですが、これは厚みがあってかなりインパクトのあるキャパドニックでした。
これを読んで、コメントを書いてたらまた飲みたくなってしまいました(笑)
今から行ってこようかな?

  • Posted by-
  • at2013.07.17 20:40

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2022年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧