2014.05.16【日記】

ニューリリース:アベラワー 12年 オフィシャル ノンチルフィルタード

意欲的なニューリリースです。

 

アベラワー ABERLOUR 12yo OB NON CHILL-FILTERED 48%


香りは熟したオレンジ、淡くプラム、バニラ、ナッツクリーム、強すぎない麦感、飲むとやわらかな口当たりから広がる、プラムやオレンジの甘味酸味、後半にややオークのエグ味もあるがリッチ。

【Good】


アベラワーのオフィシャルニューリリース,先日の15年セレクトカスクリザーブに続いては,この12年ノンチルフィルタードです。
ノンチルで48%でのボトリングという,ちょっとこだわりを感じるボトリングです。

バーボンカスク主体のヴァッティングかなと思われますが,フルーツ,麦,樽感がバランス良く主張します。
ノンチルで度数が高めということですが,若干ボディがあるようにも思われました。
15年と比べるとちょっぴり木材系のエグ味が気になったのは,恐らくノンチルの影響というよりは使った樽の影響と思われます。

オフィシャルのこういう取り組みは好印象ですが,本来はこのあたりはボトラーズの守備範囲でしたので,ますますその存在価値が失われようとしているようにも思います。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧