ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.07.24【日記】

近年リリース:キルホーマン 2007-2013 5年 オフィシャル BEIJA FLOR向け #453/2007

最近評価急上昇のBEIJA FLORの詰めたキルホーマン,これも良いチョイスでした。

 KILCHOMAN 2007-2013 5yo OB #453/2007

キルホーマン KILCHOMAN 2007-2013 5yo OB #453/2007 58%
Sherry Cask



香りは良いシェリーと旨そうな麦感、そして強いピートがそれぞれしっかり主張、カラメル、黒糖、プルーン、魚介ダシ、強いスモーク、未熟感を伴う根菜や豆、飲むとねっとりした濃厚な口当たり、カラメル、オレンジマーマレードの濃い甘味、コクあり、魚介ダシと麦の旨味が濃厚、強いスモークのある強いピート感、フルボディではないがパワフルで長い余韻。

【Good/Very Good】


素晴しいアランやドロナックを詰めていて最近私の周りで評価が高まっているイタリアのBAIJA FLORがボトリングしたオフィシャルのキルホーマン2007,シェリーカスクで5年熟成です。

さすがに若いということもあり若干の未熟感はありますが,良いシェリー樽由来の要素と若々しく旨みの濃い麦感,そしてアイラのカスクストレングスらしい強いピート由来の要素が,香りにおいても味わいにおいてもそれぞれ強く主張してきます。

現時点でも結構美味しいシェリーの若いアイラモルトなのですが,まだそれぞれの要素が声高に主張してくる一方で一体感がありません。

瓶内変化には期待できそうで,三位一体に近づいたものをまた飲んでみたいです。



 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

若いですけど美味しいシェリーのアイラモルトですよね。
一体感はまだないのですが,それはそれで美味しく,なんだかんだ何回も飲んでしまっています。(笑)
瓶の終盤にももう一度のみたいです。

バーボン系ではアイラフェス向けや今年の100%アイラも美味しかったですし,シェリーも良いものがあることがわかりましたから,ますますこれからのリリースが楽しみです。


  • Posted byT.Matsuki
  • at2015.07.28 18:09

今話題のBeijaFlorの選んだアイラ、しかもキルホーマンということで楽しみでしたが、予想以上にシェリーカスクのアイラの王道をいってましたよね。
短い熟成でも嫌みのない濃いシェリーのウイスキーってたまにありますが、こういうサンプルを出してもらってきっちり詰めてくるのがすごいですね。
毎年出るロッホゴルムは品質にバラツキがある気がしますが、こういうなもあるなら、キルホーマンますます楽しみになりました。
確かに数年後にまた飲んでみたいですね!

  • Posted by-
  • at2015.07.28 13:12

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧