2014.04.23【日記】

ダフタウン 8年 オフィシャル 70年代流通

オールドシェリーのニュアンスが好みでした。

 

ダフタウン DUFFTOWN 8yo OB 46%
70年代流通



香りはかすかなヒネとオールド感のあるシェリーとカラメル、熟したオレンジやプラム、紅茶、奥に麦感、べっこうあめ、飲むと柔らかな口当たりから広がりがある、オールドシェリー、濃縮したフルーツの甘味、良い酸味、コクもありわりと長めの余韻。

【Good/Very Good】


70年代に流通していたと思われるダフタウン8年,オフィシャルボトルです。

ちょっとヒネもあるのですが個人的には許容範囲で,オールドシェリーが結構しっかりと感じられます。カラメル添加したような感じもあるのですが,これが経年変化したオールド感は結構好きだったりします。
シェリーカスク熟成らしいフルーツ感も濃厚で,飲んでからの広がりもありました。46%というやや高めの設定が寄与している部分かもしれません。

ヒネやカラメル感に関しては好みの分かれる個性とは思いますが,最近このオールドシェリーを感じるボトルとの出会いが少ないこともあり,とても美味しく感じました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧