2014.12.02【日記】

最近のリリース:キャパドニック 1991 22年 ウイスキーエージェンシー リフレクションズ

ライトでクリアな90年代キャパドニックでした。

 

キャパドニック CAPERDONICH 1991-2013 22yo THE WHISKY AGENCY "REFLECTIONS" 49.7%
one of 299 bottles, Refill Hogshead



香りはバニラ、青りんご、シトラス、フレッシュな強い麦と植物感、飲むとややヒリヒリとスパイシー、シロップの甘味、シトラスとその酸味、オーク、麦感も強いがそれほど厚みは感じない、クリアできれいな余韻。

【Good/Very Good】


ウイスキーエージェンシーのリフレクションズシリーズから,キャパドニック1991,22年熟成です。

シトラスや青リンゴなどのフレッシュなニュアンスに,やや若さも感じる麦と植物感がありました。
甘味も強くなく良い酸味があり,ボディも軽めで全体にさっぱりしたきれいな印象でした。

キャパドニックというと,それこそエージェンシーを中心に1972などのフルーティなものが話題になったためかここ数年でモルト好きの中で認識が急に変わった蒸留所という感じがしますが,自分としてはもともと今回のボトルのようなライトタイプのモルトが多い印象でした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2022年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧