ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.05.29【日記】

ニューリリース:オーバン "リトルベイ" 免税向け

ちょっと引っ掛かりもありましたが,貴重なオーバンのオフィシャルです。

 OBAN OB "LITTLE BAY" for Duty Free

オーバン OBAN OB "LITTLE BAY" for Duty Free 43%
SMALL CASK



香りはオレンジ、トーストのような香ばしさもある若く強い麦、バニラ、淡い蜂蜜、少し生の木、時間と共にミルクティー、飲むと滑らかな口当たり、オレンジと蜂蜜の穏やかな甘味、やや生の木っぽいエグ味、あっさりした余韻。

【Good】


免税向けにリリースされたオーバン,リトルベイと銘打たれたノンエイジのボトルです。

樽と原酒の接触面積が大きく一般的に熟成が早いと言われるスモールカスクで熟成されたという記載がありますが,ディアジオの蒸留所でスモールカスク熟成を謳ったものは初めて飲んだかもしれません。
バーボン系のスモールカスクと思われ,ノンエイジで若い原酒が多そうなのに未熟感はそれほど感じられず,それなりに熟成感もある香味でした。

ただ,加水しているにもかかわらずちょっと生木っぽいニュアンスが私としては引っかかりました。想像でしかありませんが,スモールカスク熟成で早く樽の成分を出した結果,一緒に出てきたものなのかもしれません。

単調ではなく熟成感があるというのはウイスキーを楽しむうえで重要なファクターでもあるので,これはこれでひとつの正しい方向性の作りと言えるのかもしれません。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧