ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.03.01【日記】

グレンバーギー5年 オフィシャル 70年代流通

古い短熟で面白美味しいボトルでした。

 

グレンバーギー GLENBURGIE 5yo OB 40%
70年代流通



強めの香り立ち、しっとりした良いオールド感、少しホコリっぽさ、桃ジュースとカスタードクリーム、白ブドウ、キウイ、爽やかな植物感、穏やかに主張する麦感、飲むと柑橘のニュアンスからさらりとした和三盆のような上品な甘味、後半から余韻に植物感とオールドピート。

【Good/Very Good,Interesting】


70年代かそれ以前のボトリングかもしれないというグレンバーギー5年、オフィシャルボトルです。

オールド感はありますが私としては魅力的に感じ、桃っぽさや白ブドウ、キウイなどフルーツ感も強く感じます。
植物感は若いモルトに感じるものに近いニュアンスを持っているのですが、こなれた感じがして未熟感というより魅力的な成分に置き換わっている気がしました。
また、さらりとした上品な甘味もまた好印象でした。

良いフルーツ感、こなれた植物感ともにボトリングからの変化で生じたような印象を強く持ちました。
5年以上の樽も結構入っていそうではあり、これは想像でしかないのですが、ボトリング直後はもっと未熟感があり単調なモルトだったような気がします。
瓶詰後のポジティブな変化を感じるボトルであり、こういう非常に短熟なものの瓶内変化を感じられる面白いボトルでもありました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧