ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2012.11.16【日記】

ひとつの完成形?:ミルトンダフ 12年 オフィシャル 70~80年代流通

超ハイレベルなオールドのオフィシャルスタンダードです。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 12yo OB
70~80年代ボトル



香りは蜂蜜と素朴で良い麦感を強く感じ、オレンジや桃など熟成感を感じるようなフルーツもしっかり。飲むと濃く深みのある蜂蜜と強めの甘味、やはりオレンジなど熟したフルーツ、非常に美味しい。

【Very Good】


70~80年代流通のミルトンダフ。ラベルにはバランタイン表記があります。
オールド短熟らしい素朴で強い麦感と、12年とは思えない熟成感とも思えるフルーツがともにしっかり感じられるボトル。これに蜂蜜の深い甘さが合わさって、この熟成年数のオフィシャルスタンダードとしてひとつの完成型じゃないかと思うほどに仕上がっています。
恐らく自宅でゆっくりテイスティングできたら、この旨みや深みを形成している複雑な成分をもっといろいろ抽出できる気がします。飲むのは2度目でしたが、以前に飲んだものも同様のニュアンスで非常に美味しかったです。
有楽町のマスターも、このボトルで外れたことが無いとおっしゃってました。


当時からバランタインのキーモルトでしたし、非常に旨いと言われるこの年代のバランタイン17年と飲み比べしてみたいです。
 

COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧