ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.04.27【日記】

アベラワー 1989-1999 スコッチモルト販売 #11028

淡く良い瓶熟感がありました。

 

アベラワー ABERLOUR 1989-1999 SCOTCH MALT SALES #11028 56.8%


香りはシトラス、バニラ、若い草の植物感、強めだが少ししっとりした麦、飲むとじわじわと広がる刺激、シロップの甘味、シトラスの酸味と麦の旨み、舌にしみ込む感じもある。

【Good/Very Good】


スコッチモルト販売さんが1999にボトリングしたアベラワー1989,500mlのボトルです。

リフィルのバーボンカスクで短熟というようなニュアンスの柑橘や草,そして麦感が香り・味わいともに感じられますが,刺激はそこまで強くなく,全体にしっとりしたニュアンスや舌にしみ込むような質感は好印象でした。
想像ですが,ボトリングしたては結構若さ全開のピリピリ系モルトだったのが,瓶内での経年変化でこういう好ましい質感を得たのではないかと思いました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧