ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.08.04【日記】

ニューリリース:グレンキース 1992 22年 シグナトリー ウイスキーフープ向け #120573

知ってる92キース+αの深みがありました。

グレンキース GLENKEITH 1992-2015 22yo SIGNATORY VINTAGE for THE WHISKY HOOP #120573 (1) グレンキース GLENKEITH 1992-2015 22yo SIGNATORY VINTAGE for THE WHISKY HOOP #120573 (2)

グレンキース GLENKEITH 1992-2015 22yo SIGNATORY VINTAGE for THE WHISKY HOOP #120573 51.1%
one of 144 bottles, Bourbon Barrel



香りは華やか、熟したオレンジ、加熱したリンゴ、バニラ、少しアプリコットジャムとカスタードクリーム、飲むとオレンジリキュール、淡くパイナップル、バタースコッチ、カスタード、コクのある甘味、ほどよい麦の旨味、引き締めるオークの淡いタンニン、味わいのバランス良好、心地良い余韻。

【Good/Very Good】


ウイスキーフープがシグナトリーからボトリングしたグレンキース1992,22年熟成。

1992ヴィンテージのグレンキースは,いろんなボトラーからでてきますし,その多くが今回同様のバーボンバレル熟成で良いものが多いという印象を持っていました。

これも今まで飲んだ92キースと同系統の良いバーボンバレル熟成を感じるモルトですが,香り・味わいともにフルーツのニュアンスにおける熟した感じや多彩さ,そしてコクや深みにおいて今までのものよりも優れている印象を持ちました。

バレル熟成ですがエグ味などの引っかかる要素も無く,フルーツと麦のバランスも良好で,旨味がしっかりありつつもじゃぶじゃぶと飲めてしまうような飲み心地の良さが印象的でした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧