ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.04.17【日記】

ポートエレン 1978 23年 シグナトリー #5344

凝縮した柑橘を感じる,私の好きなタイプのポートエレンでした。

 

ポートエレン PORT ELLEN 1978-2002 23yo SIGNATORY #5344 54.3%
one of 221 bottles



香りは凝縮したグレープフルーツ、乾いた麦、強いピートとスモーク、潮風と海藻のミネラル、飲むとグレープフルーツ果汁などの柑橘、シロップの甘味とフレッシュな酸味、淡い植物感、鋭い切れ味、やや冷たいニュアンス、重さのないテクスチャー、少しミネラリーでスモーキーな余韻。

【Good/Very Good】


シグナトリーが2002年にボトリングしたポートエレン1978,23年熟成です。

香りからは凝縮感のあるグレープフルーツ,スモーク優位の強いピート,海のニュアンスがしっかりと感じられました。
飲むとフレッシュな果汁を感じる柑橘感があり,上品な甘味と酸味のバランスがあり,ややクールでキレが良かったのも印象に残りました。
また,ピーティなアイラのカスクストレングスにしてはボディがそれほど感じられなかったのもポートエレンらしいようにも思いました。

このくらいの熟成感で少し軽さを感じるポートエレンも自分の好みです。

 

このボトルは,高田馬場の歩古ホールさんの8周年でいただきました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood2
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧