ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.02.03【日記】

ニューリリース:ブッシュミルズ1991 21年 ウイスキーマガジンセレクション Main Malt & Campbeltoun Loch 向け #SA-4-91

こちらの方がナチュラルで優しい印象でした。

 

ブッシュミルズ BUSHMILLS 1991 21yo WHISKY Magazine Selection for Main Malt $ Campbeltoun Loch #SA-4-91 57.1%


香りはアプリコットジャム、紅茶、バニラ、わりときれいな印象、良い麦感、飲むと少しケミカルなニュアンスも見え隠れするがしっかりとトロピカル、アプリコットジャムの甘味、ややオイリーで粘性あり、淡いピート、長い余韻。

【Good/Very Good】


三宮のメインモルトさんと有楽町のキャンベルタウンロッホさん向けに最近ボトリングされた2種類のブッシュミルズ1991、21年熟成。
続いては#SA-4-91です。

こちらの方も前回の#SA-5-91と同じ方向性ではあるのですが、比較するとパンチは強くなくきれいで優しい印象です。
アイリッシュらしいトロピカル感や桃感、オイリーさもあるのですが、ケミカルな感じはこちらのほうが少ないと思いました。

自分的には総合的に#SA-5-91のほうが各成分がしっかりと主張する強い味で、#SA-4-91のほうは同系統ながら穏やかでナチュラルな味という感想になりました。
甲乙つけがたいですが、私としては#SA-4-91の方が好みだったのでこちらを購入することにしました。

 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

こちらももちろんアイリッシュの同スペックですから似たような方向性なのですが、ナチュラルでバランスの良いタイプだと思いました。
といっても普通のモルトに比べるとだいぶ派手な味ではありますけどね。
スペックを考えるとどちらも本当によく仕上がってしますよね。

このボトルはシンガポールとのシェアなんですね。知りませんでした。

ある程度派手な味ながら飲み飽きしにくいように思ったので、自宅飲みにはこちらを選びました。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2014.02.05 13:57

こちらもかなりおいしいアイリッシュですよね。
優しくナチュラルな感じでしたが、トマーティンでいうと77、ロングモーンなら75みたいな感じでした。
ピート感はやや弱いのでケミカルさが全面に出なかったためでしょうか。
どちらかというとK梶さんはこちらが好きそうなのに、S濃屋さんが詰めるのが5なのが意外です。
聞けば4はシンガポールで出るようで選べなかったとか。
納得です(笑)

  • Posted by-
  • at2014.02.04 23:38

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧