2013.01.13【日記】

アベラワー 2001-2012 オフィシャル フランス向け

若いスペイサイドですがなかなかの仕上がりです。

 

アベラワー ABERLOUR 2001-2012 OB for France 43%
WHITE OAK



桃と洋梨、リンゴ、プラム、モーレンジのような華やかな発香とフルーツ感、ほど良い麦感、優しい甘味は薄い蜂蜜様、ライトボディ、意外と熟成感も感じる。

【Good/Very Good】


アベラワーのオフィシャルボトル、2001年蒸留の短熟です。
フランス向けのスモールバッチのようですが、日本にも並行で入ってきているようです。流通価格は3000円台。

ピートが支配的なものならともかく、そうでないボトルの2000年以降蒸留のものの中では、最も未熟感を感じなかったボトルでした。ある程度の熟成感すら感じる華やかなフルーティさは驚きで、加水らしい良い発香も好印象です。こういうものがあるとちょっとモルトの明るい未来も感じますね。
ホワイトオークと記載されていますが、モーレンジのデザイナーズカスクに近い方向性の良いバーボンバレルを感じます。アベラワーはどちらかというとシェリー樽の印象を持っている蒸留所ではありますが、やはり現状ではバーボン樽の方が早く美味しく仕上がるようですね。

加水ということもありボディは軽いですが、家で気軽に飲み進めるのには最適と言えるボトルのひとつだと思いました。
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧