2014.12.16【日記】

ベンリネス 1984 28年 Svensk Whiskyformedling

スペックの割には熟成感が無く,プレーンで素直な香味でした。

 

ベンリネス BENRINNES 1984-2012 28yo Svensk Whiskyformedling 47.0%
 

香りはフレッシュな草、穏やかな麦、白い花、プレーン、飲むと穏やかな口当たりからヒリヒリとスパイシー、シトラス、甘味は控えめ、穏やかな麦の旨味、味わいもプレーン、さらりとしたボディ

【Good】


Svensk Whiskyformedlingというスウェーデンのボトラーが詰めた,ベンリネス1984,28年熟成です。ボトリングは2012年ですが,最近日本に入ってきたもののようです。

28年熟成ですが香りも味わいもあまり熟成しているニュアンスがなく,非常にフレッシュでプレーンでした。
麦感が穏やかで,そのあたりはやや熟成感と捉えられるようにも思いますが,いかんせんプレーンで単調です。
しかしそのわりには不思議と度数は下がっており,ボディはさらっとしていました。
嫌味もなく,するする飲めますし嫌いではありませんが,あまり面白くないボトルでした。

相当使い古された樽ではないかと思われ,あまり樽の影響を受けないまま度数だけが下がったという印象です。

シングルモルトとしてボトリングされることはあまりないタイプの樽かなと思いますが,恐らくはブレンドに回るものにはこういうものがたくさんあるのではないかと思います。

多少オフフレーバーがあっても引っかかりがあっても,シングルモルト,特にシングルカスクでボトリングされて我々の口に入るものは,全体の樽の中では強い味で熟成感や個性のある一軍選手ばかりなんだろうなと思いますね。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood1
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧