2015.06.22【日記】

自宅テイスティング:ベンネヴィス 1996 17年 オフィシャル アランビック向け #1420of1996

フルーティで突き抜けたベンネヴィス,私の苦手意識を吹き飛ばしてくれました。

 BENNEVIS 1996-2013 17yo OB for ALAMBIC #1420of1996

ベンネヴィス BENNEVIS 1996-2013 17yo OB for ALAMBIC #1420of1996 50.2%

 
・香り:
香りは非常に華やか,強くはっきりと桃の果汁,グレープフルーツとそのワタ,洋梨,ライチ,バニラ,奥からプラム,黄色い花,乾いた麦感しっかり,淡く干し草っぽさ。

・味わい:
度数のわりに優しい口当たり,やや軽やかに入るが芳醇に展開する,香り同様華やかで多彩なフルーティ,しっかりと桃の果汁と洋梨,凝縮したグレープフルーツ,強くパイナップル,やや胡椒のスパイシー,ちゃんと滋味深い麦の旨味もあり,甘味は果汁っぽさに加えて比重が重く沈んだ蜜のようなコクもある,結構しっかりとブリニー,後半にらしいオイルや雑穀っぽさ,紙とオークや草のエグ味もうっすらと感じるが味を深めている。

・余韻:
華やかなフルーティとオークのタンニンっぽさがオイリーさを伴って長く残る。

・加水:
華やかなフルーティが優位になり,重さが和らぐ。若い草っぽさは増すが紙っぽさはより感じにくくなる。

・総評:
ベンネヴィスらしいオイルや穀物感,そしてわずかな紙っぽいエグ味も感じるのだが,それを圧倒的に凌駕する素晴らしく華やかなフルーツ感が突き抜けている。

【Very Good】


ドイツのアランビック向けにボトリングされた,オフィシャルシングルカスクのベンネヴィス1996,17年熟成です。

以前有楽町で飲んで感激したものの,さすがに高額過ぎて購入を断念したボトルでしたが,比較的安く(といっても決して安価ではありませんが)購入する機会に恵まれたので思い切ってボトルでお付き合いすることにしました。
昔から苦手蒸留所ということもあり,実はベンネヴィスをボトルで購入したのは初めてでした。

さっそく開けていただきましたが,有楽町でいただいた通りの印象でホッとしました。
詳細な感想は以前に記事の通りなので割愛しますが,やはり華やかで多彩な突き抜けたフルーツ感が印象的でした。紙っぽさやエグ味など苦手要素も全然無くは無いのですが,完全に好きな要素に凌駕されており,全くと言っていいほど引っ掛かりません。

改めて飲んでみて思ったのですが,私はベンネヴィスは雑味があってオイリーで重たい中に濃厚なフルーツを感じる,やや下品な味として認識していたのですが,このボトルにはみずみずしさや上品さを感じました。

ここのところ,ベンネヴィスでも素直に美味しいと思って飲めるものが増えていますが,今回のボトルのような突き抜けて美味しいものと出会ってそれを飲み込んだ結果,良い部分に意識が集中するようになっているのかもしれません。モルトを真剣に飲み始めて10数年続いたこの蒸留所への苦手意識を吹き飛ばしたようです。

もともとほとんどなんでも美味しく飲めるタイプではあるのですが,嗜好の幅がさらに広がってモルトに優しくなれるのは嬉しいことです。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧