ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2015.02.02【日記】

アードモア 1977 17年 ケイデンヘッド グリーンボトル

グリーンケイデンらしいプレーン短熟感とアードモアらしい内陸のピートがしっかり感じられました。

 

アードモア ARDMORE 1977-1995 17yo CADENHEAD green bottle 59.6%


香りは重さも感じる素朴な麦感、バニラ、ライム、プレーンな樽感、飲むとじわじわとスパイシーな刺激、シナモン、甘味は強くない、噛みごたえのある麦の旨味がしっかり、タールっぽさを伴うピートが長く残る。

【Very Good】


1995年にケイデンヘッドからボトリングされたアードモア1977,17年熟成です。

グリーン瓶の短熟ケイデンらしい,プレーンな樽感の鋭くストレートな香味で,柑橘やシナモンを感じ,特に味わいにおいては噛み応えがあるようなテクスチャーと旨味がしっかりと感じられました。
また,東ハイランドらしいタールっぽさを伴うようなピートの主張も十分でした。

きっとボトリング直後はもっと荒々しかったのでしょうが,今は結構落ち着いており,凝縮感や旨みをじっくりと味わうことが出来ました。
甘味は強くなく全体にキレがあってドライですし複雑さもありませんから,この系統は好みが分かれるところだとは思いますが,個人的にはかなり好みでした。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧