ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.07.24【日記】

ベンリアック 1990 18年 オフィシャル シンガポール向け #3805

強めに感じるシェリー感が好みを分けそうです。

 

ベンリアック BENRIACH 1990-2008 18yo OB for SINGAPORE #3805 50.9%
oneo of 483 bottles, SHERRY BUTT



香りは近年のシェリー、ドライフルーツ、ベリージャム、ビターチョコレート、ナッツ、淡く醤油、飲むとなめらかな口当たりから広がる、熟したプラム、ジャムの甘味、ややサルファリーだがミーティでリッチ、ボディは厚め、余韻は長め。

【Good】


ベンリアック1990,シェリーバットで18年熟成されている,シンガポール向けのオフィシャルボトルです。

香りには近年のシェリー感が強く感じられ,濃縮されたフルーツ感やチョコレートなどの要素が主張する一方で,少しサルファリーな要素も見え隠れします。
飲んでみると度数のわりに滑らかで粘性を感じる口当たりから広がり,濃いフルーツ感とその甘味が強く感じられます。サルファリーな要素も香り以上に感じますが,ミーティでリッチと捉えられる部分もあり,ボディも厚く長めの余韻がありました。
ただしベンリアックらしさはほぼ樽にマスクされてしまっているように思います。
サルファリーに対する耐性で好みが分かれるところではありますが,リッチな近年シェリーのベンリアックでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧