ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2013.08.10【日記】

ニューリリース:グレンキース1992 20年 キングスバリー #120588

なかなか良いニューリリースです。

 

グレンキース GLENKEITH 1992 20yo KINGSBURY #120588 51.7%
one of 171 bottles, HOGSHEAD



加熱したリンゴ、若めのカルヴァドス、レモンクリーム、バニラ、植物感、優しくパイ生地のような穀物感、飲むと香りより麦感あり、最近のシェリー感少し、ほどよい甘味に柑橘系の酸味も効いている。

【Good/Very Good】


キングスバリーの新しいシリーズから、グレンキース1992、20年熟成。

キースらしいリンゴ感に、やや深みも感じられるボトルで、良い穀物感とあいまってフルーツパイのようでもありました。90年代蒸留ですが若いオフフレーバーは感じません。
気のせいかもしれませんが、最後にちょっと最近のシェリーっぽいニュアンスも感じたので、記載はありませんがリフィルシェリーホグスかなとも思いました。

アイラ以外の90年代蒸留のボトルの中にも、キラリと光るものがちょいちょい見つかるようになっていると思っています。このブログでも積極的に紹介してきましたが、このボトルもなかなか良い90年代キースでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧