2013.05.18【日記】

個性的で美味しかったグレンアルビン1969 20年 ダンイーダン

独特の方向性の濃厚さで、かなり好みの味わいでした。

 

グレンアルビン GLENALBYN 1969-1989 20yo DUN EIDEANN #481-482 55%


アプリコット、アップルパイ、プラム、オレンジ、紅茶、焦がし麦、ナッツとオイル、飲むと粘性のある蜂蜜の甘味、最後はタール系のピートが主張する。

【Very Good】


ダンイーダンのグレンアルビン1969。
2樽のヴァッティングで、樽はシグナトリーからでしょうか。

熟したフルーツ、特にフルーツには火を通したようなニュアンスがあります。麦感や粘性のあるテクスチャー、濃い甘味ともあいまってフルーツパイのようにも感じられました。最後には意外にタール系のピート感もしっかりと主張し、個性的で非常に美味しいボトルでした。


COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧