2015.08.09【日記】

ベンリアック 1968 37年 オフィシャル 台湾向け #2710

度数もあり申し分ない華やかさです。

ベンリアック BENRIACH 1968-2006 37yo OB for TAIWAN #2710 (1) ベンリアック BENRIACH 1968-2006 37yo OB for TAIWAN #2710 (2)

ベンリアック BENRIACH 1968-2006 37yo OB for TAIWAN #2710 51.5%
one of 152 bottles, Hogshead



香りはエステリーで極めて華やか、強く桃や洋梨、オレンジ、パッションフルーツ、飲むヨーグルト、心地良いオーク、どんどん強まるクリーム、飲むと芳醇に広がる、小児用シロップ薬のようなケミカルがあるが非常に強いフルーティ、桃やオレンジ、パッションフルーツやパパイヤ、みずみずしい果汁感のある甘味と引き締めるオークのタンニン、ボディも残っており長い余韻。

【Very Good】


2006年に台湾向けにボトリングされた,オフィシャルのベンリアック1968,37年熟成です。

ホグスヘッドの長熟ベンリアックに期待する華やかで多彩なフルーツが,香りの最初から顕著に感じられます。

非常に強い桃を中心としたその果汁感が味わいにおいても炸裂しており,らしい小児用シロップ薬っぽいケミカル感もありますが,突き抜けたフルーツ感はそれを凌駕しています。
あまりにフルーティで,それ以外の要素はその多くが消し飛んでいるようにすら思われます。

特筆すべきはそのボディで,ここまで振り切ったフルーツ感のあるモルトはかなりの割合でボディが抜け落ちているイメージですが,このボトルは度数と良いウッディネスがあるためかボディもしっかり残っています。
その影響で余韻も長く陶酔感が長く続きました。

 

このボトルは,神戸三宮のMain Maltさんでいただきました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2022年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧