ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2014.02.18【日記】

ミルトンダフ1978 13年 ケイデンヘッド 150周年記念

プレーンですっきりとしたモルトでした。

 

ミルトンダフ MILTONDUFF 1978-1992 13yo CADENHEAD'S 150th Anniversary Bottling 59.4%


香りはフレッシュレモン、鋭く強い麦、若い植物感、蜜、強いバニラ、プレーン、飲むと植物感とバニラ、強いフローラル、シロップの甘さ、度数の割にはスパイシーは強くない。

【Good】


ケイデンヘッドの150周年記念ボトリングからミルトンダフ1978、13年熟成。

フルーツ、フローラル、植物感、麦感のすべてにフレッシュさと鋭さを感じ、プレーンな樽の短熟という感じで、原酒の個性がそのまま感じられるようなボトルでした。
度数とスペックからすると相当スパイシーなものを予想していましたが、意外とヒリヒリとしびれるようなニュアンスはありませんでした。
ボトリングから20年以上経っていますから、少し穏やかになったのかもしれません。


このボトルは、三越前のIANさんでいただきました。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧