2014.10.31【日記】

ニューリリース:アベラワー 1994 19年 スコッチモルト販売 ディスティラリーコレクション

スコモルさんらしい安定の良質モルトです。

 

アベラワー ABERLOUR 1994-2014 19yo Scotch Malt Sales Distillery Collection 56.8%


香りは華やか、青りんご、レモン、バニラ、鋭いアルコール、オーク、飲むとスパイシーな刺激、青りんごキャンディの甘味と良い酸味、麦の旨味もある、ヒリヒリ感もあるが長い余韻。

【Good/Very Good】


スコッチモルト販売さんのディスティラリーコレクションからニューリリースのアベラワー1994,19年熟成です。

華やかな香り立ちで,近年の良質バーボンカスクにみられる青リンゴや爽やかな柑橘,バニラ,そしてオークのニュアンスがしっかりと感じられました。
飲んでみると鋭くスパイシーな刺激もありましたが,香り同様の爽やかなフルーティに加えて麦の旨みが感じられました。恐らく,アルコール感や刺激は,これから時間がたつと抜けてきて,さらに一体感も出てくると思われます。
なお,この系統の樽感には生木っぽいエグ味を感じることも多いのですが,このボトルでは気になりませんでした。

スコモルさんは,流行りの味や派手さに引っ張られず,昔から安定して正統派の良いものを詰めてくれるイメージで,価格的にも妥当なものがほとんどのように思います。
これもそんなボトルのひとつとして印象に残りました。
良いニューリリースですね。


 
COMMENT(2)
この記事を評価するGood2
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。
T.Matsuki

まさに,良くできた90年代モルトだと思います。
華やかなフレーバーに伴って出てくる,新樽感も強く感じず,飲み心地も良かったですしね。
スコモルさんらしさもある良いニューリリースでした。

特定のフレーバーに偏らないリリースがあり,アデルフィと近い印象というのもなんとなくわかる気がします。
今後にも期待ですね。

  • Posted byT.Matsuki
  • at2014.10.31 23:23

非常にできのいい90年代のウイスキーの典型と言っていいボトルだと思いました。
アベラワーをはじめ、ペルノリカールの蒸留所は90年代は非常にいいですね。
熟成を重ねても麦の旨味と華やかさが両立しそうなので、将来的にも楽しみです。
スコッチモルト販売は安定して地に足のついた、バリエーションにも富んだウイスキーを供給してくれるいいボトラーですよね。
スリーリバーズや信濃屋さんのようにカリスマバイヤーがとれないですがいるわけではないのかもしれませんが、それがよい方向に作用している気がします。
私の中ではなんとなくアデルフィと印象が重なるボトラーです。

  • Posted by-
  • at2014.10.31 21:45

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧