2022.07.19【日記】

スプリングバンク SPRINGBANK 30年 オフィシャル 46%

想定外の香味でしたが、らしさはあって美味しかったです。

 

SPRINGBANK 30yo OB 46%

香りは軽やかで華やかでエステリー、熟した洋梨とオレンジクリーム、少しタールやスモーク。飲んでも非常に熟成感あり、香り以上にエステリーで多彩なフルーティ、わずかながら噛み応えのある濃縮感はあり、ブリニーで少しピーティな余韻。

【Very Good】


ニューリリースのスプリングバンク30年、オフィシャルボトルです。
10万円以上と高額ですが市場価格からするとかなり割安なボトルで、抽選販売には応募が殺到したようです。

逆算すると1991、1992くらいの樽のヴァッティングと思われ、スプリングバンクのスタイルとしては少し軽めだった時期ではあります。
そのせいなのか、想定外ですがバンクらしい酒質の太さを感じるタイプというよりも、むしろ熟成で枯れたボトルにも出てくるようなエステリーな香味が印象的でした。

原酒の個性よりも熟成に由来するフルーツ感が前面に出てはいますが、味わいにはブリニーなところや少し噛み応えのある麦芽由来の旨味、そして主張してくるピートなど、スプリングバンクらしいところも感じられました。


少し予想外なところはありましたが、このヴィンテージのスプリングバンクの長熟オフィシャルボトルとして、納得できる美味しさではありした。
 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood10
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧