2021.08.18【日記】

ロイヤルロッホナガー 17年 オフィシャル 175周年記念 56.3%

王道感のあるハイランドモルトでした。

 

ロイヤルロッホナガー ROYAL ROCHNAGAR 17yo OB 175th Anniversary 56.3%


香りはクリア。フレッシュだが骨太な麦芽の主張、生姜と白い花、蜂蜜レモンと艶のある蜜蝋ワックス。
飲むとやや粘性のあるテクスチャーから生姜のスパイシーさ、蜜蝋ワックス、噛み応えのある旨味を伴うモルティ、わずかにシナモン、甘味は強くないがコクがある、輪郭がくっきりしており粘性のわりにキレがある、やや端麗でクリーンな余韻。

【Good/Very Good】


創業175周年を記念して今年ボトリングされた、オフィシャルのロイヤルロッホナガー17年です。
マネージャーズチョイスやローズアイル25周年などもそうですが、ロッホナガーの特別なボトルには素晴らしいものが多く、今回の175周年も期待を裏切らないものでした。

ディアジオらしい、しっかりチルフィルタリングして雑味の飛ばされた香味ですが、それでも厚みや深みはしっかり残っています。
そして樽感があまり強くないぶん、素朴で自然な熟成感と原料の美味しさを感じられる王道のハイランドモルトでした。

雑味を伴う生の味を堪能してみたいという望みはありますが、それでも上記のように十分に仕上がったハイランドモルトの佳酒であり、熟成を経たものが旨いであろうことも容易に想像のつくポテンシャルを感じるものでした。

なお、UDレアモルトなどがそうでしたが、しっかりチルフィルされた高度数のボトルは瓶内変化が緩やかです。
そんなわけでこのボトル自体も長期間が必要と思われますが、保管しておいたうえで開けると、間違いなく今よりさらに深まった美味しさになると思います。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood12
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧