2021.08.12【日記】

グレンアルビン 1964-1992 27年 ケイデンヘッド 150周年記念 51.4%

こなれても素晴らしい充実感と迫力でした!

  

グレンアルビン GLENALBYN 1964-1992 27yo CADENHEAD'S 150th Anniversary Bottling 51.4%


密度の高い香り。心地良いオールド感とワックス、ドライアプリコットにドライフィグ、古い梅酒、こなれて旨そうなモルティには芯のある厚みと香ばしさが伴う、古いオークの主張、淡くスモークのかかったナッツや焼き栗、シナモンなどのスパイス、奥からオールドピートと妖艶なニュアンス。
飲むとトロリとした粘性を伴う口当たりから芳醇に力強く広がる。アプリコットジャム、熟したマスクメロン、蜜蝋ワックス、蜂蜜や麦芽糖のコクのある甘味と染み込むような滋味深い麦芽の旨味が長く残り、オールドピートにウェアハウスのような湿った土や古いウッディネスも伴う。
加水後は強烈な麦芽の旨味こそ薄まるが、妖艶さや近寄りやすい桃系のフルーツ感がでてきて、オールドピートも感じやすく全体のバランスもさらに良化する。

【Excellent】



ケイデンヘッドの150周年を記念して1992年にボトリングされたグレンアルビン1964、27年熟成です。
味と関係ないですが、このラベルデザインは何度見ても秀逸ですね。

ずいぶん前に購入して保管庫で眠っていたボトルですが、今年の娘の誕生日に開栓したものをテイスティングしました。
※開栓直後は結構硬さがあったのですが、半年経過してかなり仕上がってきました。今がベストのタイミングと思います。

香りにも味わいにも濃縮感があり重層的で、時間を掛けるとそれが少しずつほどけてきます。過去の素晴らしいオールドボトルと同様に、ポテンシャルの高い原酒が自然な樽熟成と瓶内変化を経て出てきたフルーツ、麦芽、ピート、そして土っぽさなど複雑な香味が渾然一体となって押し寄せてくるようでした。

初対面では複雑な要素がギュッと詰まりすぎているようで、少し気難しくわかりやすい香味ではありません。とはいえ、なんとなく飲んでも押し寄せてくるような香味で説得力のある旨さに圧倒されてしまいます。


さらにこのボトル、加水後の変化も非常に素晴らしかったのです。
私は普段あまり加水して飲まないのですが、この時代のアルビンに特有のエッチでドキドキするようなニュアンスが少量の加水でも前に出てくるため、多少ボディや迫力が失われても加水して飲むことで独特の個性や陶酔感をより楽しめるように思いました。
そして、加水してじっくりテイスティングした後でストレートで飲むと、気難しくわからづらかった香味が急にほどけて感じられるのも興味深かったです。

熟成27年、瓶内で30年を経たボトルでしたがまだ飲み頃感を保っており、ラベルだけでなく中身も素晴らしいものでした。

 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood14
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧