2019.05.21【日記】

インペリアル 1989-2010 BBR ベリーズオウンセレクション #178 46%

優しい味でクセがあまりなく、序盤に良い1杯でした。

 

インペリアル IMPERIAL 1989-2010 Berry Bros & Rudd Berrys' Own Selection #178 46%


香りは軽やかでフローラル。薄めた蜂蜜とオレンジ、奥から心地良いモルティと干したワラ。
飲むと優しい口当たり。淡いコクのある甘味、優しいモルトの旨味、癖がなく心地良い余韻で次の一杯が欲しくなる。

【Good/Very Good】


BBRが2010年にボトリングした、46%加水シングルカスクのインペリアル1989、およそ21年の熟成です。

加水の影響もあってか優しく軽やかでフローラルな香味で、モルティさとその旨味もほどよく主張してきました。

たまに出てくる1990や1995のような極端にフルーティに振れたタイプではなく、このインペリアルには特別な個性があるわけではありませんが、全体としてはとても心地良い香味でした。

こういうものは家で淡々と飲むもよしですが、バー飲みする時は序盤の1杯として良い仕事をしてくれると思います。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood6
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2020年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧