ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.05.15【日記】

バルブレア1969 31年 オフィシャルリミテッドエディション 45%

ハイランドのオフィシャル長熟として完成された美味でした。

 

バルブレア BALBLAIR 1969 31yo OB LIMITED EDITION 45%


香りは心地良い熟成感と素朴さが同居。オレンジゼスト、淡い桃とバニラ、ナッツクリーム、穏やかだがしっかりと主張するモルティ。
飲むと滋味深く舌に染み込む味わい。オレンジマーマレードに蜂蜜っぽさもあるコクのある甘味とモルティな旨味が同居、フルーツと素朴な旨味が長く残る余韻。

【Very Good】


オフィシャルのリミテッドエディションとしてボトリングされた、バルブレア1969、31年熟成です。
インバーハウス系のリミテッドとして、同じラベルでバルミニックやプルトニーもありましたね。どれも45%に加水されていたと記憶しています。

このバルブレアは度数以上に濃い味で、オフィシャルらしい露骨すぎないもののしっかり感じられる熟成感と、ハイランドモルトらしい素朴さと兼ね備えた香味でとても好きでした。

具体的には熟成期間に起因しそうな華やかで多彩なフルーティさと、素朴さを伴うモルトの旨味、そしてコクのある甘味が混然一体としており、いくらでも飲めそうな美味しさでした。

こういうスペシャルボトルは飲んでいて幸せか気持ちになりますね。

COMMENT(0)
この記事を評価するGood3
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧