ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

ストイックなドリンカーの日々 ~Drinker's Diary~

モルトウイスキーをこよなく愛する男の日々のテイスティングや考えたことを掲載します。

2019.03.18【日記】

ニューリリース:プルトニー 1997-2018 オフィシャル エジンバラ空港ワールドオブウイスキーズ向け #1082 53.1%

ヴァリンチ系の華やかなプルトニーでした。

 

プルトニー PULTENEY 1997-2018 OB for WORLD OF WHISKIES AT EDINBURGH INTERNATIONAL AIRPORT #1082 53.1%
one of 207 bottles



香りは華やか、青リンゴやオレンジ、パイナップル、品のあるオイル、こなれた心地良いモルティ。
飲むと粘性があり芳醇に広がる。青リンゴやバニラ、薄めた蜂蜜の上品な甘味と酸味、オイリーで陶酔感もある長い余韻。

【Very Good】


エジンバラ空港にあるワールドオブウイスキーズ向けにわりと最近ボトリングされたプルトニー1997、およそ21年熟成のシングスカスクです。

近年のプルトニーはオイリーでコクがある甘味と塩気といったハウススタイルもあって美味しいものが多いですが、そんな中にも昔蒸留所のヴァリンチにしばしばみられたような特別にフルーティなものが出てきます。

今回のものもそういう突き抜けたフルーツ感をある程度伴ったタイプで、陶酔感もあって美味しかったです。

ボディと熟成感が共存しており、詰め時という感じの樽ですね。

こういうものが瓶内変化を経てどうなるかも楽しみです。


 
COMMENT(0)
この記事を評価するGood9
  • チェック

COMMENT

コメントを投稿するにはログインするかアカウントを作成してください。

プロフィール

T.Matsuki

ブログ内記事検索

  • 2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新エントリー

カテゴリから探す

タグ一覧